脱睡眠薬!健康的に睡眠を誘う方法5選!

質の良い睡眠を得るには

質の良い睡眠を得るには、体内時計を一定にする必要があります。具体的な行動としては、起きる時間を一定にしましょう。起きる時間を一定にすることで、体がそれに合わせて夜に睡眠を誘うようになります。また、朝しっかりと朝日を浴びるようにしましょう。朝日を浴びることで、セロトニンが分泌されます。セロトニンは睡眠の質を良くするのに必要です。また朝日を浴びることで、しっかりと体が朝だということを認識し、夜に眠気を誘うようになります。さらに、日中運動することも大切です。運動の内容としては、散歩を30分ほどするといった軽い運動でも構いません。軽い運動を日中にすることにより、夜の眠気を誘います。また眠気は体温が上昇した後、下降した際に訪れるので、入浴は眠る時間の1時間半前がベストです。

睡眠の質を下げる行動

先ほど、睡眠の質を上げる方法を紹介しましたが、逆に下がってしまう行動もあるので注意しましょう。まずは、夜眠る前のスマホ、テレビ、コンピューター、ゲーム、電気などのブルーライトです。ブルーライトを浴びることで、脳が興奮状態になるので、睡眠の質を下げてしまいます。
次に夜眠る前の考え事です。悩みや考え事を夜することにより、睡眠の質が下がってしまいます。この対策として、悩みや嫌なことは紙に書くことをおすすめします。紙に悩みを書くことで、悩みが軽減されるといった研究も発表されています。悩みや考え事は睡眠の質を下げるので、寝る前は特にするのを避けましょう。また寝る前の過度な食事も脳を興奮状態にするので、控えるようにしましょう。