睡眠前の運動は最悪!?睡眠前にしてはいけない行動

睡眠前にいい運動と良くない運動を知る

夜になると徐々に眠たくなります。自然に眠くなって眠れると、良い睡眠がとれる可能性があります。良い睡眠を得る条件として、体温の状態や、神経の状態があるとされています。体温は多少高めの状態が良く、その後に低くなると深い睡眠がとりやすくなります。神経は副交感神経が優位になっているとリラックスができ、質のいい睡眠がとりやすくなります。基本的には睡眠前には運動は良くないとされます。運動といえば体を激しく動かすものが想像でき、交感神経が優位になるためです。一方、良い睡眠をとるのにいい運動もあります。ストレッチ等体をゆっくり伸ばしたりする運動をしてみましょう。体温が適度に上昇し、副交感神経が優位になってきていい睡眠がとれる準備が整います。

寝る前に飲む飲み物で睡眠の質が変わる

あまり眠れない時、お酒を少し飲んで寝る人がいるようです。確かにお酒を飲むと酔いが回ってきます。いつの間にか寝ている状態になれるので、いい睡眠につながると考えやすいです。しかし、お酒を飲むと体の中ではお酒を無毒化する活動が必要になります。寝ているようで実際には寝られていない状態になります。又交感神経が優位に働きやすくなるのも睡眠には良くありません。コーヒーが寝る前に良くないとされますが、その他紅茶や緑茶も良くありません。それぞれカフェインが入っていて、交感神経を刺激します。寝る前に飲むと良いものとして、人肌に温めたミルクであったり白湯などが挙げられます。水分補給をするなら、カフェインの入っていない麦茶などを飲みましょう。